オススメリンク
樹木の伐採費用がわかりやすいサービスをお探しなら:お庭なび
伐採をする際はすぐに対応してくれる專門業者がお勧めです。面倒な庭の手入れもお任せ出来ますよ。
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ストライプ

家の見栄えを整えるためには草刈り・伐採といった庭の手入れは欠かせません。
この草刈り・伐採作業を行うにあたって、費用をかけて業者に依頼すべきか、それとも費用をかけずに自力で行うか悩む方は少なくありません。
このようなお悩みをお持ちの場合は、自宅の草刈り・伐採作業の具体的な理解した上で判断すべきといえます。
高所作業を必要とし作業に関し安全上の疑念がある、草刈り・伐採のための作業時間が確保できない、高齢や病気により体を動かすことが出来ない、草木の見栄えをよくしたい、これらのいずれかに該当する場合は業者に依頼することが推奨されます。
業者に依頼することで費用はかかりますが、庭の手入れに当たって上記の点の不安を解消することができます。
どの業者を選ぶべきかのポイントとして、土日祝日が対応が可能かどうか、大木の伐採など自宅の庭の手入れで必要とされる作業の依頼が可能かどうか、費用はリーズナブルであるか、近所の業者であるかが挙げられます。
いずれの点に関しても、インターネットを使用し業者それぞれを比較して検索することができます。
自力で行う場合、以下の事項への配慮が必要となります。
作業の安全を確保するためヘルメットや皮膚を露出させない格好の準備、周りの安全を確保するための周囲に対する安全配慮、草木の見栄えを考慮した伐採・草刈り作業、木の切り方の確認、草木の処分方法が代表的に挙げられます。
なかでも木を切る場合は、外傷のリスクを低減するために電動ノコギリの使用を控えることが望まれます。
また木の切り方として、木の倒れる方向の計算が要求されます。
木の伐採は危険が伴う作業なので、業者に依頼することが望まれます。

芝生用の草刈り器は安価で手に入りますが、せいぜい4センチぐらいの高さまでで50センチ以上で直径が9ミリもあると電動草刈り機かエンジン式の草刈り機で伐採しなければなりません。
こちらは費用もかかるしそんなに頻繁には使えません。
その上これらの機器は危険が伴うので進んでやろうとする人はほとんどいません。
こういう場合には便利屋さんか、片付け専門のところに依頼することになります。
費用は更地で100坪以上、草の高さ50センチ以下の場合平米当たり50円という1つの相場があります。
見積りは写真を撮ってメールで送れば額が出る場合があります。
場所について写真は1枚ではなく何ヵ所からも撮り、その土地の広さの情報も必要となります。
土地の坪数と草の背丈が基本となり、手作業が必要な場合には別料金となる場合が多いものです。
その他伐採後の回収も必要なのか、そのままで良いのか、現場近くまでトラックを寄せることが可能か、土地の傾斜や障害物、樹木の伐採処分などのことも加味されて見積り額が出されるので費用がかかります。

草

庭の草の草刈りや樹木の伐採をしてくれるサービスをご存知でしょうか。
年をとって庭の手入れが大変な方、仕事が忙しく庭て手入れが出来ない方などにとても便利なサービスです。
サービスの存在を知っていても費用が心配で依頼できない方もいるのではないでしょうか。
費用は業者にもよりますが、機械による草刈りや芝刈りで1平方メートル当たり300円前後が相場のようです。草刈りは頻繁に行うものではないので、草刈りをする労働を考えるととてもお得な料金設定です。

また、炎天下の中での草刈りや伐採などで熱中症などになる場合もあり、特に炎天下での草刈りはプロに任せるのが得策です。
庭に植えた樹木が大きくなり過ぎ困っている方も業者依頼することで伐採してくれます。
料金は4m程度の木で10,000円前後が相場のようです。
3メートル以下の木なら5,000円程度で伐採してくれます。
ここで注意したいのが、木の根まで処理する場合には費用が高くなります。
伐採というと根から上の部分の作業で、根まで抜き取る作業は伐根といいます。
根まで抜き取る作業は、伐採と伐根との両方との作業になり、費用も2つの作業を組み合わせた費用になります。
また、ネットではこの伐採や草取りをしてくれる業者から、無料見積もりを出してもらい比較できるサイトもあります。
このサイトは24時間365日日本全国に対応しているサイトです。
お近くの業者で見積もりで比較したい場合にはこのサイトを利用してみてはいかがでしょうか。